あ、タイトルは妹のおかげでやったら聞くようになった刀剣乱舞の台詞からの抜粋です。結構的を射てるなーと思ったので拝借しました。
(調べたら『鶴丸国永』という刀剣男士の台詞だそうですね)

で、俺の方も『心が先に死んでいく』前に
遅いって?みなまで言いなさるな確認したらきっちり2ヶ月ぶりという
ちゃんと変化を遂げました。
こ、今度からはもうちょっとまともに狩ろうかな…(滝汗


あと、前回も書いた公式自由板。またもありましたね。(そしてまたも消えている)
今度はちゃんと証拠も残しましたよ!
韓国語奮闘記
訳文は前回の最後のコメントと同じでした。
で、今回俺が返したのが
対話を試みるセカンド今回は訳もつけたよ!
これ。


ここからは自分の韓国観ですが…
政治関連は押し並べてクソだが、個人に対しては特にこれといった悪感情も好感情も持ち合わせてはいないですね。
頭の沸いた連中の質だけを並べるなら日本だって大差ないです。
(べ、別に『発砲事件が無かったことがニュースになる』という、いわゆる『修羅の国』に住んでるからじゃないですよ断じて!)
突出しすぎてる感は否めないけど、見方を変えれば『それだけ抑圧されてる』とも取れるわけで。
強いて言うなら『発言の場に乏しいんだろうな、厳しい・寂しい国だな―』というところでしょうか。
所構わずって体制はつまりそういう事なんだろうという俺解釈。



さて、TWの方に話を戻しましょう。
回線が再びダウト路線に入ってるので2倍時間中はまともな狩りをしませんでした。
それでも岩石高原でLv230の真護符・H鍛冶場で氷撃の上アビが降ってきました。(どっちも降ってきた瞬間のSSは撮れる状況じゃなかった

真護符はクラメンのところに(安定の無償で)お嫁に、アビは1SEEDだからと捨てずに売り飛ばしました。
自分魔転向の予定はないのでね。

そして鯖統合まで@2日となったわけですよ。
記念SS会?開催時間時には職場が修羅場の様相を呈してましたよはい。
家に帰りついたのは9時過ぎでしたし、眼痛でそのまま寝ました。
眼鏡の度が合ってないので、眼精疲労度が半端なく高いんです。コンタクトは怖くてまだふんぎりがつかないとです(涙

名前争奪のアレコレは耳にしますし、俺自身も若干不安ではありますが、(何しろ前回は当日には入れなかったのでかなり怯えました
『そもそも今まで休止してた人が統合だからと当日に復帰する可能性がどれだけあるか』を考えるとそこまで深刻にならなくてもいいのかな…とも思ったりしてます。
まぁ『案ずるよりも産むが易し』です。よしんば変わってしまったとしても納得のいく名前に出来ればそれでいいんですよ…(震え声


と、まぁ微妙に楽観視できてないところで今回は〆!
スポンサーサイト

L鯖最後の夜に

証拠を残しそこねたのが悔やまれる

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)