いやー下書き保存状態のままだった事につい最近まで気付かなかった俺おBAKAちゃん
というわけで続きです

まずはウサギビラから調査ー!ってことドアノックノック
応対してくれたのは
cp3-15.jpg…厨二病患者?
じゃなくてジスキル。
ティチエルがいたことでちょっと喜んだけど(ティチエルは学年主席)
cp3-16.jpg華麗なる先手
結局ビラ調査の交換条件に引き受ける結果になったけど、その描写は省略されました!(ジスキルが忘れてる可能性もあるけど)
もう一つの条件である『健康食材を使ったお弁当』。
ティチエルが作る気満々だったものの「ニワトリに任せた方がマシ」とまで言われて断念(デモニック見てないから推測だけどなーんかやったんだろうな)
ワルツサークルでマーモが料理が得意だと言っていたのを思い出したティチエル。
自分も食べたいってことでマーモに会うためにケルティカへ。(マーモはお父さんに会うためにケルティカへの外出許可貰ってたらしい

マーモのお父さんはなんとCPのプロローグに出てた白い兄さん(子持ちに見えんが魔法師のなせる技なのか?)。
「詳しくは言えないけど命が危ないから今すぐ学園を辞めて一緒に逃げよう」(要訳するとこう)
流石に全事情話せないわな。
「折角できたお友達(プレイヤーたちの事)にせめておわかれを言う時間が欲しい」というお願いに数日間の猶予をくれました。

そんな「らしからぬ」お父さんの様子に不安を感じてふさぎ込むマーモに頼みごとをするのは気が引けるというティチエルに
マーモは「気分転換になるから」と快諾。
メニューをあれこれ考えるマーモに
cp3-17.jpg身と蓋何処やった
この言い草である。まぁ、お弁当頼んだのはジスキルだしなw
材料の黄金の卵はこの時期にケルティカ市民街に突如現れたニワトリからランダムでゲットできました。
(クラドのニワトリで充分じゃなかったのだろうか)

お弁当作りの時にマーモに何をしてるのか聞かれたけど関わらせる訳にはいかないとダンマリ。
ちなみにマキシは正論言ってるんだけど言い方で損するタイプです。

(ちゃっかりご相伴にあずかりつつ)できあがったお弁当をジスキルに。
cp3-18.jpg口調が移りましたw
ウサギビラは酷い有様でした。(個人の部屋ってわけじゃないみたいだから寮生全体の問題なのか)
cp3-19.jpgcp3-20.jpgホコリの弁護人:マキシミン
以下調査風景
cp3-21.jpgつぼの中身は何だろな
cp3-22.jpg持ち上げて覗かないと被れないよね
cp3-23.jpgふらふらふら~
cp3-24.jpgのしっ
ちなみにジョシュの場合はこんな展開に。
cp3-25.jpgよく見ないと分からないかな
人の背中で掃除する小侯爵の図
コント(違う)の甲斐あってこの壺の底から紋様発見。
ただしこの見づらさからこの紋様は合い言葉的な利用はされてないだろう、もっと違う用途なのかもしれない、と推理。
続いては芋ビラへ!
ってとこで今回は〆!






スポンサーサイト

珍しく1日2回記事上げてみる

フォーチュンアイスからたまに出てたでかくて固いアレ

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)